【動画編集ソフト】無料で簡単に使える! EaseUS Video Editor 【PR】

今回は動画編集ソフトEaseUS Video Editor (イーザス ビデオエディター)」のレビュー依頼を頂きましたので、実際に使用してみて、良い点、悪い点を率直にご紹介させて頂きたいと思います。

EaseUS Video Editor とは

EaseUS Video Editor (イーザス ビデオエディター)とは、EaseUS社が提供する初心者向けのWindows用の動画編集ソフトです。
基本的なカット編集、トリミング、画面の回転、音楽の挿入、テキストテロップ、エフェクト、トランジションなど動画編集に必要な機能がほとんどこのソフトウェア1つで行うことができます。

システム要件

システム要件Windows 7/8/10
対応する動画/音声フォーマット動画 – avi、mpeg、wmv、mp4、movなど
音声 – wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、oggなど
対応する写真のフォーマットbmp、jpg、png、gif、tif、heicなど
対応するデバイスポータブルデバイス:Apple、Samsung、HTC、SanDisk、Sony、LG、Huawei、BlackBerry、Amazonなど
Windows Media Player 11及びそれ以降のバージョン
DirectX: Microsoft DirectX 9.0c及びそれ以降のバージョン

EaseUS Video Editor システム要件より 引用

https://jp.easeus.com/multimedia/video-editor.html

ハードウェア要件

プロセッサ 500 MHz 以上
RAM最低 1GB の RAM、Windows 8/8.1/10 では最低 2 GB
ストレージ1 GB 以上の空き容量
ドライブCD-R/RW、DVD-R/RW、DVD+R/RW または DVD+R DL (※1)
その他キーボード、マウス、その他の互換ポインティングデバイス

※1 ディスクドライブは必須ではないと思われます。

System Requirements より 引用

https://www.easeus.com/support/video-editor/system-requirements.html

実際に作ってみた動画 (YouTube)

実際に筆者が作ってみた動画が以下となります。

EaseUS Video Editor で作ってみました!

作成時間は操作になれるのも含めて15分程で作ることができました。

インストール方法

下記のEaseUS Video Editor の公式サイトにアクセスして「無料体験」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。
EaseUS Video Editorのダウンロード先

EaseUS Video Editor ダウンロード

次にダウンロードしたインストーラを起動し、使用する言語を選択します。

EaseUS Video Editor インストーラー 言語の選択

「次へ」をクリックします。

EaseUS Video Editor インストーラー 開始画面

EaseUS Video Editor の使用許諾契約書の同意画面が表示されるので内容を確認し問題がなければ「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

EaseUS Video Editor インストーラー 利用許諾契約書

次にインストール先の設定を行います。特にこだわりがなければデフォルトのまま「次へ」を押して問題ありません。

EaseUS Video Editor インストーラー インストール場所の設定

「デスクトップ上にアイコンを作成する」「クイック起動アイコンを作成する」を任意で設定し「次へ」をクリックします。

EaseUS Video Editor インストーラー 追加タスクの選択

下記の画面で「インストール」をクリックすると EaseUS Video Editor のインストールが始まります。

EaseUS Video Editor インストーラー 準備完了

インストールが完了すると下記の画面が表示されます。

EaseUS Video Editor インストーラー インストール完了

以上でEaseUS Video Editorのインストールは完了です。

動画編集方法

プロジェクトの作成

EaseUS Video Editorを起動すると最初に下記のようにプロジェクトの画面比率を選択する画面が表示されます。
今回は「16:9(横画面)」でプロジェクトを作成していきたいと思います。

EaseUS Video Editor 起動画面

プロジェクトの画面比率を決定すると下記の動画編集画面が表示されます。

EaseUS Video Editor 編集画面

素材データのインポート

編集する動画素材を追加するには、画面左上部の「素材」を選択した状態で「ダブルクリックしてファイルを導入する」と記載されたあたりをダブルクリックするとファイル選択ダイアログが開き素材データを選択することができます。

EaseUS Video Editor ファイルインポート

選択したデータは 素材 > ローカル の中に追加されます。

EaseUS Video Editor ファイルインポート完了

タイムラインに追加

各種素材データは、画面下部のタイムラインにドラッグ&ドロップするか、サムネイルに表示される「+」ボタンをクリックすることでタイムラインに追加されます。

EaseUS Video Editor タイムラインに追加

テキストの追加

字幕やテロップ等のテキストを追加したい場合、画面左上部の「テキスト」から各種おしゃれなアニメーション付きのテキストを追加することができます。
(アニメーションが不要な場合は「TextNoStyle」を使用してください。)

EaseUS Video Editor テキスト追加

また、タイムラインに追加したテキストはダブルクリックすることで文字の編集やフォント、色などの各種設定ができます。

EaseUS Video Editor テキスト編集

画面切替効果

動画と動画の間に画面切替効果を挿入することも簡単にできます。
画面左上部の「画面切替効果」から好きな画面効果をタイムラインに配置するだけで下記のような画面効果が作ります。

EaseUS Video Editor 画面切替効果

フィルター

映像の見た目を変える「フィルター」も50種類以上予め用意されており、画面左上部の「フィルター」から選択してタイムライン上に配置するだけで下記のように簡単にフィルターをかけることができます。

EaseUS Video Editor フィルター

オーバーレイ

映像の上から様々なエフェクトや演出を表示できるオーバーレイも多数用意されています。
画面左上部の「オーバーレイ」から選択してタイムライン上に配置するだけで下記のように簡単にオーバーレイを表示することができます。

EaseUS Video Editor オーバーレイ

PIP(ピクチャーインピクチャー)

また、基本となる映像の上に任意の動画や静止画を配置することも可能です。
PIPを配置する方法は「PIP」トラックにコンテンツをドラッグ&ドロップすることで設定できます。

EaseUS Video Editor PIP

動画を出力する方法

ここでは動画を出力する方法をご紹介します。

メニューまたはタイムラインにに表示されている「出力」をクリックします。

EaseUS Video Editor 動画の出力

下記画面で出力ファイル名やビデオフォーマット等を設定し「出力」をクリックすれば動画ファイルが出力されます。

EaseUS Video Editor 動画出力設定

出力できるビデオフォーマットは、MP4、AVI、WMV、MKV、MOV、GIFに対応しています。

また、歯車のマークをクリックすると「エンコーダ」や「解像度」などの出力ビデオの詳細な設定が可能です。

EaseUS Video Editor 動画出力詳細設定

無料版と有料版の違い

EaseUS Video Editor 無料版と有料版の違い

おすすめのプラン

有料版のライセンスには、「1ヶ月間ライセンス」「1年間ライセンス」「永久無料アップグレード」の3種類が存在します。
無料版を試してみて EaseUS Video Editor Pro の購入を検討している人は、この中でも買い切りで一生使用できる「永久無料アップグレード」がおすすめです。
映像編集ソフトは高価な製品が多いなか、EaseUS Video Editor Pro はすごく安い値段設定だと思います。

EaseUS Video Editor ライセンス

使ってみた感想

私は普段、「AVIUtil」などを使用しており、「EaseUS Video Editor」の機能が少なく感じましたが基本的なことは大体できると思いました。

AVIUtilではプラグインを導入しないと、mp4の編集はできませんがEaseUS Video Editorでは最初からmp4編集が可能です。また、mp4からmp3に変換することやYouTubeの動画をmp3に変換 (*1) することなども可能です。
*1 要 EaseUS MobiMover

誰でも簡単に使用できますので、テロップを挿入したいだけ、おしゃれなエフェクトを使ってみたいという人にはおすすめの動画編集ソフトです。
無料版でほとんどの機能が使用できるので一度試してみると良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました